問い合わせ 

送信ありがとうございました!

 住所

​〒151−0064 東京都渋谷区上原1−3−9​ 株式会社ゆかし

 アクセス

​  小田急線代々木八幡駅 千代田線代々木公園駅 南口より徒歩4分

 映画の“物語”で人生の彩りを 

2016年に映画情報サイト「Cinemarche」をスタートさせ、取材を通じて多くの映画監督と出会いました。特にインディーズ映画作家に出会ったことで、彼らのエッジの効いた独自の感性に感銘を受けました。その後、2019年に満を持して映画レーベル「Cinemago」を立ち上げ、娯楽という映画の醍醐味のみならず、社会との接点を持つアートとして価値のある作品を厳選し、映画情報と作品のいずれもを広く発信しています。

 “スーパーオリジナル”の発掘! 

中国の映画作家として第8世代を牽引するビー・ガン監督の『凱里ブルース』の配給提供に着手後、改めて日本の作家たちにも視野を向け、インディーズ映画ならではのマジカル表現と豊かなイマジネーションを放つ作品を探し続けています。

2020年7月に公開した『横須賀綺譚』の大塚信一監督も、そのひとり。当初、監督自身で自主配給を決めていたのですが、類のない“ロジックな構成”を持っ作家性に惹かれ、第1回配給として興行のセコンドを申し出ました。2021年からは短編映画にも着目し、国内の映画祭でも話題となった河内彰監督『フィア・オブ・ミッシング・アウト、長谷川朋史監督の『あらののはて』と、才能の原石ともなる作り手を支援し、国内外の映画市場へと伴走しています。

《Cinemagoのしごと

・映画ファンのあなたへ

気の知れた仲間との映画鑑賞や、グループでのイベント上映会、学校や映画祭などの上映企画や配給作品の貸し出しも行っており、予算に合わせたお手伝いをいたします。

・インディーズ映画監督へ

作家と共に劇場公開を行い、2次利用のDVD制作や動画配信などもサポートをしております。直感でピンときたインディーズ映画の作家さんは、ぜひお気軽にご相談ください。

 

【主な取引・関係先】

(株)WAO、(株)MAP、(株)ギグリーボックス、(一社)メディアウィー・エンジェル、(株)オデッサ・エンタイテイメント、(株)シネマディスカバリーズ、(株)東京現像所、東京桜橋法律事務所、(株)ゼイケンほか