top of page
  • cinemago

『NEW RELIGION』2023年はアメリカ上映よりスタート。Slamdance Film Festival

鬼才Keishi Kondo監督の映画NEW RELIGION



映画『NEW RELIGION 2023年、遂にアメリカにて上映決定!



インディ映画の祭典

Slamdance Film Festival




スラムダンス映画祭からの選出は


Keishi Kondo監督が待ちわびていた


アメリカで開催される映画祭からのオファーです。




革新的な映画作家を紹介する

スラムダンスというショーケースは



1月20日から26日(29日)に

アメリカ・ユタ州パークシティ

そしてソルトレイクシティ開催されます。




本映画祭で発掘された監督には


クリストファー・ノーラン


ポン・ジュノ


アリ・アスター


ルッソ・ブラザーズ など


錚々たる映画人たちですね。




アブストラクトSFホラーと銘打った

映画『NEW RELIGIONが披露されるには


ふさわしい映画祭となっています。





2023年の映画祭上映のスタートを


Keishi Kondo監督

主演を務めた瀬戸かほ さんの活躍に


大いに期待です!





映画『NEW RELIGION』のあらすじ


娘・あおいを事故で亡くしたのを契機に、離婚した過去を持つ雅。現在は新たな恋人と同棲する彼女は、コールガールとして働きながら日々を過ごしている。


雅はある日、「《背骨》の写真を撮らせてほしい」と頼む奇妙な客・岡と出会う。岡の言うがままに写真を撮らせる雅だったが、彼は次に《足》の写真を要求する。


以来、岡に《身体の部位》の写真を撮られるようになった雅。 やがて彼女は、足を小さな手に撫でられる感覚に襲われ、それが死んだ娘のものだと直感する。


ひとつの部位を撮影されるたびに、そこで娘の霊を知覚できるようになる。そう気づいた雅に残されていた最後の部位は、《目》だった。


《雅》という個人の喪失の物語は、やがて社会の崩壊へと連なっていく......。





映画『NEW RELIGION』の作品情報


【キャスト】

瀬戸かほ、西園寺流星群、岡諭史、沼波大樹、ナカムラルビイ、永田祐己、水田黒恵、中本華愛 浅井信好


【製作・脚本・監督】

Keishi Kondo


【撮影】

Sho Mishina


【助監督】

Akimine Matsuda


【音楽】

Zeze Wakamatsu、Abul Mogard、松本昭彦、miimm


【配給】

Cinemago


2022年 / 日本 / 100分 / DCP / カラー / 16:9 / 5.1chサラウンド


(C)SHM FILMS


公式HP


公式Twitter


公式Instagram



映画『NEW RELIGION』は2023年公開予定!


閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page