『NEW RELIGION』イタリアのTrieste Science+Fiction Festivalに選出

Keishi Kondo監督の映画『NEW RELIGION』



映画『NEW RELIGION


クリス・マルケル監督の

『ラ・ジュテ』を輩出した

イタリアの

Trieste Science+Fiction Festival にて




Keishi Kondo監督&瀬戸かほ主演

映画『NEW RELIGION』エントリーされました



イギリス

FrightFest


ポルトガル

MOTELX


チリ

SANTIAGO HORROR


イタリア

Trieste Science+Fiction Festival



9月26日現在

海外映画祭4冠となります!





映画『NEW RELIGION』のあらすじ


娘・あおいを事故で亡くしたのを契機に、離婚した過去を持つ雅。現在は新たな恋人と同棲する彼女は、コールガールとして働きながら日々を過ごしている。


雅はある日、「《背骨》の写真を撮らせてほしい」と頼む奇妙な客・岡と出会う。岡の言うがままに写真を撮らせる雅だったが、彼は次に《足》の写真を要求する。


以来、岡に《身体の部位》の写真を撮られるようになった雅。 やがて彼女は、足を小さな手に撫でられる感覚に襲われ、それが死んだ娘のものだと直感する。


ひとつの部位を撮影されるたびに、そこで娘の霊を知覚できるようになる。そう気づいた雅に残されていた最後の部位は、《目》だった。


《雅》という個人の喪失の物語は、やがて社会の崩壊へと連なっていく......。






映画『NEW RELIGION』の作品情報


【キャスト】

瀬戸かほ、西園寺流星群、岡諭史、沼波大樹、ナカムラルビイ、永田祐己、水田黒恵、中本華愛 浅井信好


【製作・脚本・監督】

Keishi Kondo


【撮影】

Sho Mishina


【助監督】

Akimine Matsuda


【音楽】

Zeze Wakamatsu、Abul Mogard、松本昭彦、miimm


【配給】

Cinemago


2022年 / 日本 / 100分 / DCP / カラー / 16:9 / 5.1chサラウンド


(C)SHM FILMS


公式HP


公式Twitter


公式Instagram



映画『NEW RELIGION』は2023年公開予定!


閲覧数:4回0件のコメント