『とおいらいめい』2022年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてノミネート!

映画『とおいらいめい』またも映画祭にエントリー!






大橋隆行監督の最新作『とおいらいめい』



海外の映画祭に引き続き



国内では


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてノミネートされました。


しかも、国際コンペティションです。



おめでとうございます!





本作『とおいらいめい』を拝見したのは

確か、2021年だったでしょうか


シネマハウス大塚で上映された時。




その際に「大切に育んでください」と

大橋監督とお話をした



海外を含む映画祭を視野として

1年掛けられた方が好ましいと

…生意気ながらご助言させていただきました




大橋作品の短編映画押し入れ女の幸福』に


通じる最新作『とおいらいめい』。




ぜひ、2022年8月27日(土)より

池袋 シネマ・ロサにてご覧ください。


  


映画『とおいらいめい』の作品情報



【日本公開】 2021年(日本映画)


【原作】 長谷川朋史「とおいらいめい」


【監督・脚本】 大橋隆行


【キャスト】 髙石あかり、吹越ともみ、田中美晴、ミネオショウ、大須みづほ、三原哲郎、川辺純子、吉富天慶、舞木ひと美、辺水アキカズ、藤田健彦、しゅはまはるみ



映画『とおいらいめい』のあらすじ


彗星の衝突により人類の滅亡が数ヶ月後に迫った2020年。

小学生だった1999年にノストラダムスの予言を信じ、家出をした長女・絢音と次女・花音と、その後生まれた腹違いの妹・音が、初めて一緒に生活することになる。

絢音は、彗星の衝突を前にシェルターの個室の設計を担当しており、暴力によるシェルター強奪の危険と隣り合わせの日々。

花音は、帰郷を機に、妻とうまくいっていない妻子持ちの小学校の同級生・良平と再会。音は、未成年ながらひょんなことから飲み会サークルと出会い、飲んだ帰りに花音が良平にキスするのを目撃。

互いに踏み込めず、すれ違う三姉妹は、世界の終わりを前に、本当の家族になれるのか。




【データ】

2022年 / 日本 / 81分 / DCP/ カラー /16:9 / ステレオ






閲覧数:30回0件のコメント