今村昌平監督の理念

日本映画学校での教え



映画教育に農村実習を取り入れた今村昌平監督


今村学校に在学のおりに



「君たちは生まれた時から“在日”より劣っている」



そのように言われてきた


知人の在日韓国人を前に、ふたたび学校の理念を読み直す


以下の言葉はことあるごとに




“教え”としての道しるべ




日本映画学校は、人間の尊厳、公平、自由と個性を尊重する。
個々の人間に相対し、人間とはかくも汚濁にまみれているものか、
人間とはかくもピュアなるものか、何とうさんくさいものか、何と助平なものか、
何と優しいものか、何と弱々しいものか、人間とは何と滑稽なものなのかを、真剣に問い、
総じて人間とは何と面白いものかを知って欲しい。
そしてこれを問う己は一体何なのかと反問して欲しい。
個々の人間観察をなし遂げる為にこの学校はある。



ぼくには微塵ないもの


その“正体”を“在日の君”に見せて欲しい


そう願っていやみません

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示