• cinemago

映画『おろかもの』テアトル新宿にて上映!ふたりの共同監督・芳賀俊&鈴木祥の作品コメント

史上初!田辺・弁慶映画祭5冠受賞! テアトル新宿への公開を前に、芳賀俊&鈴木祥監督からコメント発表。

洋子役を演じた笠松七海


2019年、国内の数多くの映画祭を席巻した映画『おろかもの』。


芳賀俊&鈴木祥監督『おろかもの』は、2020年11月20日〜12月10日にテアトル新宿。


また、12月18日~24日には、シネ・リーブル梅田にて開催される「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」にて上映されます。


本作の劇場公開にあたり、ふたりかのコメントを紹介します。



芳賀俊監督からのコメント

当初の公開予定日から半年の延期を経て、漸く皆様に「おろかもの」をお届け出来る事をとても嬉しく思っています。今作は人のどうしようもない愚かさや愛しさを、時に可笑しく、時にサスペンスフルに、そして時にはアクション映画のように描いた、非常に娯楽性の高い魅力的な作品に仕上げました。登場人物達の心の機微を大胆且つ微細に演じた素晴らしい役者陣の表情を是非とも大きなスクリーンでご堪能ください。

美沙役を務めた村田唯


鈴木祥監督からのコメント

新型コロナウィルス感染症の影響下で テアトルシネマグループや田辺弁慶映画祭の方々など、上映に日々ご尽力されている皆様には深く感謝申し上げます。 また、この度の新型コロナウイルス感染症に罹患された方とご家族・関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 この状況下ではありますが、皆様に映画館で作品をお届けできることを光栄に思います。



映画『おろかもの』のあらすじ



高校生の洋子(笠松七海)は、結婚を目前に控えた兄の健治(イワゴウサトシ)が美沙(村田唯)という女性と浮気をしている現場を目撃します。


洋子と健治は両親を早くに亡くし、2人で支え合って生きてきた兄妹です。兄の行動とそれを隠して何食わぬ顔で生活している様子に、潔癖な洋子は苛立ちを募らせます。


一方、兄の婚約相手である榊果歩(猫目はち)に対しても、兄と2人だけの関係の中に突然入ってきた存在として、言い様のない違和感と不満を抱いていました。


洋子は、親友の小梅(葉媚)に兄の浮気現場を見た悩みを打ち明けていました。ある日、洋子は衝動と好奇心に突き動かされ、美沙の後をつけて、レストランで対峙します。


健治の妹と名乗り、「兄と別れてください」という洋子に対して、美沙は「お兄さんのことを愛しているから別れない」と言います。


呆れてた洋子ですが、美沙の独特の柔らかさと強さ、脆さに惹かれ、ときどき2人で会うようになりました。


そして、洋子が何気なく言葉にした“ある提案”に乗ってしまったことで、美沙は彼女と行動をともにするようになります。2人の間には、次第に奇妙な関係が結ばれ行くのです。

8回の閲覧0件のコメント