• cinemago

人が人を描く

モディリアーニが描いた、コクトーの肖像画



















「人が人を描く」画家といえばモディリアーニではないだろうか。

首の長い肖像画や裸婦画は誰も知るところだろう。


その中には、若き詩人コクトーの肖像画もある。



もともと、この肖像画が描かれたキャンバスは、

友人で“モンパルナスの帝王”と呼ばれたキスリングのものらしく、

モディリアーニが譲り受けたのだ。


彼とキスリングは競作して2つ肖像画、

あるいは2人の4つの眼から、コクトー2人を絵画として描いた。



しかし、コクトーはモディリアーニの様式美である、

目ずらしや長い首は、モノグラフで皮肉ったようだ。



「人が人を描く」画家のごとく。



映画作家が「人が人を撮る」という行為においても、

被写体の記録としてのドキュメントでもあるが、

本人そのもの肖像ではない。


いかなる様式美があるのか、

映画作家の演出もまた、観点のあり方なのだろう。


0回の閲覧0件のコメント