インディーズ映画の監督たち

スーパーオリジナルな人たち…


2021年5月5日こどもの日


早朝から大阪在住の大久保健也監督とZOOMで打ち合わせ


主に興行にかかわる「P&A費」の再確認

インディーズ映画をコンパクトな予算で

劇場公開できるかは常に課題である


彼は工芸的なまでに職人気質な唯一無二のジニアス





その後急ぎ足で渋谷へ

配給3社のカフェ会合

2023年に劇場公開を目指す

あるインディーズ監督の映画の打ち合わせ


日本映画への登竜門となる劇場公開は

一見派手に見えるが現実は厳しい

どこまで支えられるのかは課題





夕方からは河内彰監督とZOOMの打ち合わせ


情報解禁を前にポスタービジュアルの再校正

ならびに予告編、コメントなどアイデアだし


アート的な表現が染み付いた独自性が彼にはある

映画に寄りすぎないスタンスをアドバイスする




夜は電話にて芳賀俊監督と打ち合わせ

「P&A費」についての確認と2次利用の課題を話す




メールでは

長谷川朋史監督と宣伝担当さんとの進行についての確認

いよいよ情報解禁のXdayは近い



日本の各地で夢見るインディーズ映画監督

誰もみなスーパーオリジナルだね


9回の閲覧0件のコメント