「現実」が現実を侵食していく

大塚信一監督の劇場デビュー作品『横須賀綺譚』



大塚監督は自身の作品に込めたパッションをこのように云うのだ。


リュミエールの『ラ・シオタ駅への列車の到着(原題:L'arrivée d'un train en gare de La Ciotat)』でありたいと。


さあ、世界はどう感じるか、楽しみである…





2回の閲覧0件のコメント