main_image.png
  • とおいらいめいフェイスブック
  • とおいらいめいTwitter

Introduction

 

映画『もうひとつのことば』は日本語と英語、ふたつの言語が行き交う 新鮮さと、ふたりの主人公の「嘘」と「本当」が逆転していく会話劇の 面白さを作品の売りとして、相手だけでなく自分にも嘘をついていたふ たりが自身の本当の気持ちを受け入れ、人生を取り戻していくまでを描 いたラブコメ映画。門真国際映画祭2021・審査員特別賞をはじめ国内外の 映画祭で入選・入賞を果たすという高い評価を得ている。

2サブ.jpg

Story

 

2020年夏、少し人通りの戻り始めた東京。

カフェの一角で、ワンコインで気軽に英会話が楽しめる「ワンコイン英会話カフェ」に、とある男女が参加する。
仕事や経歴など噓をついて会話に参加し、ささやかな承認欲求を満たす女性、ミキと、アメリカでの活動を志すも渡航を制限されている俳優の青年、健二。


 

二人は意気投合し、共に「別人になりきって英会話カフェに参加するゲーム」に興じるようになる。 そのゲームのルールはふたつ。「お互いの人生に立ち入らない」ことと、「日本語では嘘をつかない」こと。  心地よい距離感を保ちながら、カフェでの英会話やそこで出会った人々との時間を楽しみ、現実から束の間の逃避を楽しむ二人だったが…

もうひとつのことば_HUMAXポスター_20220523.jpg

comment 1

堤真矢監督は、終わらないパンデミックから、

私たちを助け出してくれる。

ウソと英会話が盛りだくさんの、チャーミングなラブコメで!?

                                             

                    セレナ・ドゥ(サンディエゴ・アジアン映画祭 プログラマー)

comment 2

撮影、俳優の演出(ムードの作り方)も素晴らしいのだが、なにより脚本がもう完璧に近いんじゃないかっ ていう。


その緻密さ。え、40~50年代のハリウッドで活躍されてました?みたいな。49分の映画に80分の映画の充実感がつめこまれている。恐るべし。                

​                   野呂悠輔(映画監督)

3サブ.jpg

Cast

菊池真琴

藤田晃輔

中山利一

連下浩隆

新井敬太

もうひとつのことば

Director​

堤真矢Tsutsumi Masaya 

1986年生まれ、滋賀県出身。九州大学芸術工学部画像設計学科卒業。その後、武蔵野美術大学大学院造形研究科デザイン専攻映像コースに進学し、修了制作作品『ソラリアビジョンであいましょう』完成させる。

 

2019年には長編映画『パラレルワールド・シアター』を劇場公開。2022年には中編『もうひとつのことば』にて、国内外数々の映画祭で評価を得る。

2021年/日本/49分/DCP/カラー/17:9

堤真矢
スクリーンショット 2022-06-15 22.43.39.png