【制作】2020年(日本映画)

【製作】Crashi Films(クラッシュアイフィルムズ)

【監督・脚本・編集・撮影】河内彰

【配給】Cinemago  

 

【キャスト】

Yujin Lee、高石 昂、小島彩乃、スニョン、サトウヒロキ、レベッカ、藤岡真衣、横尾宏美、安楽涼、鏑木悠利、三田村龍伸

【作品概要】

2020年に発表した映画『Fear of missing out』は、英語のスラング「FOMO=取り残される怖さ」に由来するタイトルで作られ、韓国人女性を主人公とし、亡くなった友人との思い出が綴られた作品。第42回 ぴあフィルムフェスティバル入選を果たし、その後、うえだ城下町映画祭 第18回自主制作映画コンテストにて審査員賞(大林千茱萸賞)を獲得。また、福岡インディペンデント映画祭2020にも入選。

【あらすじ】

友人のイ・ソンを亡くした韓国人女性のユジンは、彼女の残したボイスレコードを聴き思いを募らせる。ここに居ない・いなくなった誰かと思い出を通じ触れながら、ユジンを乗せた車は夜のとばりを走っていく…。

  • 映画『おろかもの』公式Facebook
  • 映画『おろかもの』公式Twitter

河内彰監督:Kawachi akira

1988年、兵庫県西宮市生まれ。個人の映画作家として主に都内でCrashi Films(クラッシュアイ フィルムズ)名義で活動。2017年映画『光関係』で、瀬々敬久・真理子哲也らに選出され,20th CHOFU SHORT FILM COMPETITION グランプリを受賞。

2019年に池袋シネマ・ロサにて「二人の作家:河内彰×松本剛」の2週間上映を行い『光関係』と『幸福の目』で劇場公開デビュー。

2020年、PFFアワードぴあフィルムフェスティバル入選にて、『Fear of missing out』。

© 2021 Cinemago