2021年公開
場面写真04.png

海外動画配信サイト「todoiF」にて
池内万作主演の『
キュクロプス』配信予定
Cinemagoが責任を持って海外に(todoiF)お薦めしている映画!

 watch

キュクロプス

Must-Watch Japanese Indies

"Japanese noir is born! The men plotting deceit, the ghost of a deceased wife scattered in a revenge drama, the visual and auditory hallucinations of a murder scene. Triggering them is the relationship between the madam of the bar and the yakuza, an essential part of Japanese hard-boiled. The film beautifully depicts the emotions of a lonely man. The partner who offers a ray of hope in the ending scene is worth watching."

Mitsunori Demachi(Cinemago, a film distributor)

 

 

 

【制作】2019年:日本映画

【脚本・監督】大庭功睦

【キャスト】池内万作、斉藤悠、佐藤貢三、あこ、杉山ひこひこ、島津健太郎、山中良弘、中野剛、新庄耕

【海外配信】todoiF (選出協力 Cinemago)

【作品概要】
妻とその愛人を殺害した罪で14年の服役を終えた男が、狂気と苦痛にもがきながらも真犯人への復讐を果たそうとする様を描いたノワール・サスペンス。監督・脚本を務めた大庭功睦は、フランスの著名な画家であるオディロン・ルドンの絵画『キュクロプス』から物語の着想を得ました。そして、飽和する情報社会で生きることに対して自身が抱いた不安感・焦燥感・不信感をテーマとして流し込み、狂気と苦痛、そして混迷に満ちた復讐の物語を完成させました。

キャストには、大庭監督が「若き日のクリストファー・ウォーケン」と評してその出演を猛打診し、本作でもその独特の存在感を発揮した池内万作をはじめ、監督がフリー助監督として様々な現場を渡り歩いた際に目をつけていた「強力」な俳優陣が揃いました。また紅一点であり、本作では一人二役を務めた女優のあこなど、魅力的なキャストにあふれています。

本作は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にてシネガーアワードと北海道知事賞のW受賞するという快挙を達成。また、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018の国内長編部門、ドイツで開催された日本映画祭「Nippon Connection 2018」にて正式上映されるなど、国内外問わず各地の映画祭で高い評価を得ました。

SYNOPSIS

After 14 years in prison for murdering his wife and her lover, Shinohara returns to town, determined to get revenge on the person who killed his wife and set him up… With help from detective Matsuo, who was in charge of the case, and his grass Nishi, Shinohara finds out that it was a young Yakuza boss, Zaizen. With help from Nishi, he learns how to shoot. While getting ready to kill Zaizen, he starts suffering nightmares about his wife’s murder, but at the same time he finds peace when he meets her ghost. One day, he goes to a bar and meets a woman called Haru, who is the spitting image of his late wife. Shocked, he leaves the bar, and the situation begins to roll in an unexpected direction.

【あらすじ】

妻・亜希子(あこ)とその愛人を刺し殺した罪で刑務所に服役していた篠原洋介(池内万作)は、長い刑期を終え出所。しかし、冤罪の可能性に気がついていた刑事の松尾(佐藤貢三)が篠原のもとに訪ねてきます。そこで篠原の妻を殺害した真犯人の正体はヤクザの若頭・財前(杉山ひこひこ)であることを伝えました。それを聞いた篠原は、刑事の松尾と財前の舎弟チンピラである西(斉藤悠)と手を組み、財前殺害の計画を立て始めますが…。

大庭功睦監督:Norichika OBA

 

1978年生まれ、福岡県岡垣町出身。2001年に熊本大学文学部を卒業後、日本映画学校(現・日本映画大学)の16期生として映像科に入学。2004年に卒業。映画学校を卒業してからは、西谷弘監督の作品を中心に助監督を務め、入江悠監督の『太陽』、庵野秀明総監督・樋口真嗣監督の『シン・ゴジラ』など、数多くの映画・テレビドラマの現場に携わった。2010年に自主製作した映画『ノラ』は数々の映画祭で上映され、第5回田辺・弁慶映画祭にて市民審査員賞を受賞。その後、2019年公開の自主映画『キュクロプス』を経て、2020年にはKADOKAWA配給の映画『滑走路』にてメジャーデビューを果たす。

MESSAGE FROM FILMMAKER

I made this film with a once-in-a-lifetime decision to fulfill my selfish dream of making interesting films that I wanted to see by myself and make as I wanted to make them. So, it would have been enough if I had been the only one who thought the finished film was interesting, but when my friend who saw the film for the first time said, “Interesting!” I was so moved that I cried. I realized that this was the real thrill of making a film. I hope that many more “Interesting!” will be born with Cyclops.

 

2022年12月よりtodoiF【https://todoifilms.comにて、海外配信予定!

監督近影.jpg