【未公開/制作】2017年:日本映画 

【脚本・編集・監督】荻颯太郎

 

【キャスト】西村光弘、小森ちひろ、浜口愛子、谷野ひなの、松尾渉平、ぱくみゆう、日下七海

【配給】Cinemago モクカ(配信)

 

【作品概要】
2016年度の立命館大学映像学部の卒業成果作品『地球がこなごなになっても』は、荻颯太郎が脚本・編集・監督を務めたSF学園ラブストーリー映画。沖縄国際映画祭のクリエイターズ・ファクトリー2017や第4回新人監督映画祭などで上映された作品です。プロデューサーを務めたのは玉越庄奉、撮影に木村英士郎、助監督は渡辺香志それぞれ担当しています。

【あらすじ】

17年前に突如として地球に襲来したエイリアン。人類は彼らの侵略に打ち勝ったが、一部の人間はエイリアンのウィルスに侵され、瞳が緑色変化してしまう。すると、人々のあいだでウィルスに感染した者の差別や偏見が蔓延し、襲来以後の人間関係に影を落とします。それでも平穏を取り戻した人類は、何事もなかったかのように日常を送っていました。

ある夏の日、何事にも無関心に過ごす高校生の坂上卓弥は、彼女と一緒に花火大会に出掛けます。賑わう祭り会場から離れた坂上と彼女。異性に対する一方的な欲望を抑えられない坂上はむりやり彼女にキスをせまり、怒った彼女に逃げられてしまいます。

やがて坂上の通う高校に転校生の副島麻友がやって来ます。明るくて可愛い麻友にたちまち想いを寄せていく坂上。その後、麻友は奥本希をいじめから救い出します。盲目の希は女子グループからエイリアン呼ばわりされイジメられていたのです。

希をイジメからかばったことから、今度は女子グループのリーダーから麻友がイジメの標的になり、そのことをきっかけに麻友がエイリアンのウイルス感染者であることが明らかになってしまいます。

 

麻友に恋心を抱いていた坂上だったが、その事実を目の当たりにして麻友への愛情が差別意識に変わってしまい…。

荻颯太郎監督: Sotaro OGi

 

1994年10月1日生まれの京都府出身。立命館大学映像学部卒業生。大学に入学後、学生時代に映画、ミュージックビデオ、企業コマーシャルなど様々な映像作品で監督を務めます。

2014年に初監督作品となる『2006のぷるーと』を発表、同年に『キエル』。2015年に『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』、同年に『風が吹けばキスをする』と『うち湯』を発表。

 

2017年には立命館大学の卒業成果作品『地球がこなごなになっても』(2016年制作)を完成披露。そのほか同年にミュージックビデオの『WEEKEND』や、『地球がこなごなになっても』のスピンオフ的な短編作品『feral』を発表するなど意欲的に活動を続けている。