おうち映画館での公開

荻颯太郎監督『地球がこなごなになっても』(2017)
荻颯太郎監督『地球がこなごなになっても』(2017)

press to zoom
長尾淳史監督『白波』(2017)
長尾淳史監督『白波』(2017)

press to zoom
井上森人監督『無明長夜の首無しの怪獣』(2018)
井上森人監督『無明長夜の首無しの怪獣』(2018)

press to zoom
荻颯太郎監督『地球がこなごなになっても』(2017)
荻颯太郎監督『地球がこなごなになっても』(2017)

press to zoom
1/6

 新たな映画公開のカタチ 

気軽に自宅でインディーズ映画の鑑賞を楽しむ「おうち映画」を、動画配信サイト「シネマディスカバリーズ」と提携をすることで、映画作家たちの斬新でユニークな作品(劇場未公開作品・卒業制作・自主制作映画)を、全国の映画ファンへとビデオスクリーニングにて配信提供をしております。

 見放題”は誰にとってのメリットか? 

インディーズ映画の多くは劇場公開されることなく、映画作家の手元で眠っています。これら才能の原石を映画ファンの手元へと届けたい。この課題解決の手段の一つとして、映画作家が自ら表現選択を可能にできる「配信公開」を提案することにしました。商業映画には描くことができない個人のパーソナルな思いを込めて作ったインディーズ映画。だからこそ、単なる消費のための「配信見放題プラン」に取り込ませたくない。また、いつでもミニシアターなどへの劇場上映に移行させることも担保されたシステムを、シネマディスカバリーズと弊社では「TVOD:都度課金」という「配信公開」の企画に取り組んでいます。

 

 映画三方良しのビジョン 

送り手としての配給はインディーズ映画を「ユーザーに確実の届ける使命」を可能にし、作り手である映画作家は「作品と作家性の価値の保護」というメリット維持できる、そして観手である映画ファンは、「作家の原点を知る好奇心の深掘り」と、お気に入りの作家へと「都度課金を通して応援する」ことも達成ができます。インディーズ映画に関わるうえで三法よしの基、作家の作品鑑賞を最後まで楽しんで鑑賞いただける環境を整えていきたいと考えています。

 配信公開リスト

荻颯太郎監督地球がこなごなになっても

井上森人監督無明長夜の首無しの怪獣

三野龍一監督老人ファーム

大塚信一監督アメリカの夢

森田博之監督カラガラ

長尾淳史監督白波

・金子由里監督食べる虫

・田村将章監督冬子、夏の思い出

・大久保健也監督『Song for tomorrow』

石井良和監督アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャー』ほか順次待機中

 

劇場公開のみならず、インターネットによる配信公開にご興味のあるインディーズ作家さんは、ぜひ、お気軽に弊社までご連絡ください。お待ちしております。

CD0205のコピー.jpg